防炎認定について

「防炎」とは・・・?

bouen_1
『防炎』とは「燃えない・不燃」ではなく、
あくまでも「燃えにくい」ことを意味しています。


本来燃えやすい繊維など可燃物の「燃えやすい性質」を改良し、防炎性能を与えることで
小さな火種が近づいてもすぐに着火せず、また着火しても自己消火性(自ら延焼拡大を停
止する機能)により、簡単に燃え広がることはない
のです。
そうした性能を「防炎性能」といい、また「難燃」といわれることもございます。

防炎製品ラベル

bouen_s2
(公財)日本防炎協会から防炎認定を受けた製品には右図の「防炎製品ラベル」を貼り付けて納品いたします。「防炎加工」ご希望の方は、お見積りフォームまたはお見積用紙にて該当選択肢をお選びくださいね。
※現時点では「厚手高強度ターポリン」のみ対応可能です。

現在では、公共施設や高層建築物、地下街、展示場やイベントスペースなどで防炎製品の使用が義務付けられているところもございます。お客様が使用される場所をご確認の上で、お問い合わせをいただけれますようお願いいたします。





お問い合わせはこちら 0120-318-504問い合わせフォーム